top of page

第99回 満月 銀河の湯@沖縄&山口<無限の意図を放つ>


第99回 満月 銀河の湯は沖縄と山口より番組をお届けです^^


今回の銀河の湯は、

「無限の意図を放つ」について銀河から掛け流す回となりました。


意図を放つとは、

狙ったことを起こすために

「マップやヴィジョンを描き、それを天に放つこと」


そのヴィジョンに向かう時、通常1つの線で向かおうとしますが、

惣士郎さんや大ちゃんはそうではない様です。


ダーツに例えると、中心に当てるための1つの矢を放つのではなく

1000の矢を放ち、中心に当たった矢をピックアップすると

思った通りになっている。


1つの矢の裏には、思った通りにならなかった999本の矢を放っているそうです。


昔は何が当たるか分からなかったため全部投げ、

今は確率が上がってるから、打つ手は少なくなっている。

それでも沢山の手を打つ(矢を放つ)そうです。


素晴らしい社会を生み出すために

何十、何百のリーダーを無数に作り育てること。

そのリーダー達が幾千、幾万の人に影響し社会を変えていく。


では、多くの人が「意図を放ちそれを実現させていく」

が出来ていないのは何故なのでしょうか?


「意」が何なのかを知り、気がついていく

そしてそれに対して行動していく

その具体的なステップを今回の番組では共有しています。


今回の動画を通じ、みなさんの「意図」が放たれますように。



<番組内容>


・意図を放つとは


・1000の矢を放つ


・究極のvisionを描くための100


・意は情熱、図がマップ


・描くvisionと成るvision


・俵山へ放っている意図は?


・厳選した人達と繋がれる俵山ビレッジ


・自我の先の天意


・天意の発達段階



映像はこちら



下のコメント欄に感想などをご投稿いただけると、惣士郎&大輔が喜びます^^


*お二人へのご質問はこちらから受付中です。


*コメント欄への投稿は、本ブログへの登録が必要になります。氏名&メールアドレスでの登録、もしくはfacebookアカウント登録などが可能です。登録無しでも閲覧は可能です!


閲覧数:28回0件のコメント

Comentários


bottom of page