第94回 新月 銀河の湯@那覇


第94回 新月 銀河の湯も沖縄那覇より番組をお届けです^^


前回の番組の後編、

「天と向き合い続ける道」について銀河から掛け流す回となりました。


惣士郎さんはいつも、「天と向き合い続ける道」を探し続けていると言います。

また、一度見つけたら終わりではなく、その光(道)を何度も突き

本当の音を確認しながら進む。

それは、孤高となり、友人や仲間が着いてこられない状況になることも。


ただ、その時にいつも大ちゃんが「惣士郎さん」と声をかけ

友人達の方に振り返らせてくれる役割だったそう。


今回、その立場は逆転し、

大ちゃんがその「光」を掴みつつあります。


その「光(道)」を掴んでいる誰かがいれば、

その人を通じ、自身を跳ね返し、

己がどう生きているかを知ることができる。


その道は、

八百屋でも、豆腐でも、芸術でも、どんなものでも

天と向き合い続ける手段であり、

私が私であることを重ねられるもの。


そしてこれが、天命と言われるものだそうです。


惣士郎さんの20代、30代、現在の振り返りと

大ちゃんの今を照らし合わせ

啐啄同時で起こる「道」の始まりについて

お伝えしていきます。


今回の動画を通じ、みなさんが「道」を見つける一助となれば幸いです。




<番組内容>


・「道」を歩く孤高な勝負


・本当の音


・孤高と友人をつなぐ役目


・「道」の周波数


・「光(道)」が見えたら飛べる自分か?


・孫さんや稲盛さんは事業家ではなく志人(こころざしびと)


・私が私であることを重ねられる何か


・天と向き合い続ける



映像はこちら



下のコメント欄に感想などをご投稿いただけると、惣士郎&大輔が喜びます^^


*お二人へのご質問はこちらから受付中です。


*コメント欄への投稿は、本ブログへの登録が必要になります。氏名&メールアドレスでの登録、もしくはfacebookアカウント登録などが可能です。登録無しでも閲覧は可能です!


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示