第89回 新月 銀河の湯@今帰仁&俵山


第89回 新月 銀河の湯は沖縄今帰仁と山口俵山より番組をお届けです^^


今回の銀河の湯は、

「感情」について銀河から掛け流す回となりました。


「感情」を色分けしたり、

感情や精神の発達段階毎に関係性を捉えていくなど

大ちゃんが初めて「感情」を論理的に捉えていくことを教わったのは惣士郎さん。


7月末に「感情」についての書籍を出版する大ちゃん。

これを機会に、「感情」の本質について

改めて惣士郎さんと銀河の湯の掛け流しを行うことになりました。


感情という言葉は、漢字からも分かる通り

「五感の情報」 出来事を感知している情報と

沸いている感情は

別々だと思っていますが、

五感で受ける情報によって

感情が生成されています。


それ故、五感を変えることにより

100%感情の選択が可能なのです。


そして、五感の中でも

感情に大きく影響を及ぼすものが体感覚。

その体感覚のうち、顔の「表情」により

気持ちの状態が大きく変わります。


この五感の情報を観察し

環境や物事、体の状態を自ら選択し

得たい感情を感じていく。


ただ、最近は、

本当に自分がどの様な感情を得たいのかを

分かっていない人たちが多く

感情を選択する手前の段階でもあるかもしれません。


そして、感情を選択することは

単に「いい気持ち」でいられることだけではなく


感情を選択することができる人は

その感情の状態で振る舞うことができ

行動を選択できる。


その行動は誰かと関わりながら行うため

人との関係作りが上手になり、

インフルエンスすることもできるようになり

人間関係から発生する仕事も上手くいき

経済的にも豊かになる。


そのため、感情を選択できると

総合的にトータルウェルに生きやすい。



今回の動画を通じ、

日々感じている感情の本質を見つめ直し、

より豊かな人生を歩む一助となれば幸いです。




<番組内容>


・感情とは五感の情報


・体感覚が全体の7割の影響を与える


・体感覚のうち表情が7割


・五感を変えることで100%感情の選択が可能


・体が老いることで感情も落ちやすくなる


・頭、体、心、魂は密接に関係している


・長年の積み重ねで顔が作られる


・自分の欲しい感情を知る方法


・幸せレシピの作り方


・感情を言葉で捉える練習


・感情の固定化


・癒着した関係の解き方

映像はこちら



下のコメント欄に感想などをご投稿いただけると、惣士郎&大輔が喜びます^^


*お二人へのご質問はこちらから受付中です。


*コメント欄への投稿は、本ブログへの登録が必要になります。氏名&メールアドレスでの登録、もしくはfacebookアカウント登録などが可能です。登録無しでも閲覧は可能です!


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示