第69回 新月 銀河の湯@沖縄&俵山


第69回 新月 銀河の湯は沖縄と俵山より番組をお届け!


今回の銀河の湯は、「vision」について。


大ちゃんが多くのリーダー達と接する中で、

visionは自身が作るvisionと降りてきて受け取るvisionがあること、

そして、受け取るvisionについては、多くのリーダーが似ていたり、共通するvisionを

同じタイミングで受け取っていることに気がついたそうです。


自身が作るvisionと受け取るvisionの違い、

リーダー達が同じ様なvisionを受け取る理由について

そして、これからのリーダーの在り方について

惣士郎さんと大ちゃんが銀河の湯を掛け流す回となりました。



惣士郎さんがかけ流す銀河の湯によると、

visionとは3層に分類することができるそうです。


1層目 「私」のvision

2層目 受け取るvision、共通するvision

3層目 集合無意識 visionエリア


この3層目のvisionエリアには、様々な種類のvisionがあり、

同じvisionを受け取っている人達は

このvisionをもとに、出会い、繋がり、同じvisionへ向かっている。


つまり、リーダーみんなが同じvisionを見ているのではなく、

同じvisionを受け取った人たちが現実で引き寄せ合い、

visionに合わせ人間関係が作られているとのこと。

現実世界で出会っていないリーダー達には、

また別のvisionが降りてきているそうです。


そして、昔のリーダーは受け取ったvisionを自己のvisionとして捉え

己の信念として行動し、貫いていたのではないか?


現代は、見せられたvision、受け取ったvisionを自己のものとはせず、

「vision」として扱う傾向があるのではないか?


visionを切り口に、昔のリーダー達の精神的な発達や

現代のリーダーの在り方、葛藤、精神性についても深堀をしていきます。


この動画を通じ、みなさんがみなさんご自身の内なるリーダーを育む機会として

活用していただけたら嬉しく思います^^



<番組内容>


・自身が作るvisionと受け取るvisionの違い


・リーダー達は同じvisionを受け取っている?


・visionの3層構造


・visionにより人間関係が作られる


・昔の人達のvisionの受け取り方、貫き方


・理に己の心を合わせていくこと=理念=vision


・visionを受け取る順番


・現代のリーダーシップの形


・草莽崛起(そうもうくっき)


・リーダーが共通で抱える課題


・コミュニティの活用の仕方

映像はこちら



下のコメント欄に感想などをご投稿いただけると、惣士郎&大輔が喜びます^^


*お二人へのご質問はこちらから受付中です。


*コメント欄への投稿は、本ブログへの登録が必要になります。氏名&メールアドレスでの登録、もしくはfacebookアカウント登録などが可能です。登録無しでも閲覧は可能です!


37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示