第66回 満月 銀河の湯@札幌&仙崎


第66回 満月 銀河の湯も北海道札幌と山口県仙崎より番組をお届け!


今回の銀河の湯は、「友達と仲間」について、

そして、「リーダー同士がチームを組むこと」について

源泉をかけ流す回となりました。


大ちゃんは「友達」と「仲間」を分けているそう。

友達は一緒にいたい人、仲間は一緒にやりたい人。


そして、仲間については、フォロワーでもお客様でもなく、

対等にチームを組むこと、関係性を築いていくことをテーマとして持っているそうです。


惣士郎さんや大ちゃんの様に

コミュニティを主軸に活動する人にとって、このテーマは命題。


visionを共有し、活動する仲間がシナジーを生む状態になるまで、

3年を軸に、信じて関わり続ける。


人は、3年間取り組み続けると、

取り組んだそのポジションにおいて何かが出来上がるそうです。

1日10時間×3年間=10000時間

10000時間かけることができたら、その分野においてリーダーとなれる。


その3年間を共に歩むことで、

仲間、チームとなっていくことができる。


では、既にポジションを確立しているリーダーとチームを組むためには?

沢山のリーダー達がいる中で、実は、リーダー同士が一緒にチームを組み、

活動や事業を行なうということは少ないのだそう。


何故、リーダー同士はチームを組むことが出来ないのか?

リーダー同士がチームを組んだ歴史上の最大の事例は?


個々が個性をより発揮しながら生きていく今からの時代。

個性溢れる個と個がシナジーを生み、チームを作っていくポイントを

今回の動画を通じみなさんと共有できたら嬉しく思います^^



<番組内容>


・2021年後半 発達する心の分野


・キーワードは一斉に、徒党を組んで


・友達と仲間の違い


・対等な関係性


・3年と10年


・ポジションを確立するための1万時間


・1日の密度


・お母さんは社会のリーダー


・全活動を共にすることとコラボすることの違い


・リーダー同士が組む時に必要なこと


・セカンドリーダーやサードリーダーは組みやすい?


・歴史上究極のコラボ


・マイクロリーダーのコラボを加速させるプラットフォーム

映像はこちら



下のコメント欄に感想などをご投稿いただけると、惣士郎&大輔が喜びます^^


*お二人へのご質問はこちらから受付中です。


*コメント欄への投稿は、本ブログへの登録が必要になります。氏名&メールアドレスでの登録、もしくはfacebookアカウント登録などが可能です。登録無しでも閲覧は可能です!


36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示