第63回 新月 銀河の湯@久住&俵山


第63回 新月 銀河の湯は大分県久住と山口県俵山より番組をお届け!


今回の銀河の湯は、会員さんからのご質問

「人間のエネルギーの源は、どこから来るのでしょうか?

 そしてエネルギーとは、何だと思いますか?」

という問いに対し、源泉をかけ流す回となりました。


そもそも「エネルギーが出ない」という人が多く見受けられますが、

エネルギーとは「氣」のこと。


「元気があれば何でもできる!」と

アントニオ猪木さんが言われている通り、

エネルギーを出すには「元気」が必要です。


そして、「元気」は自然と湧いてくるものではなく、

元気を「出そう」としなければ、意識をしなければ「出ない」そう。


さらに、「氣」という字は、「天」と「米」で構成されており、

天から、宇宙から、森羅万象、どこかしこからもエネルギーが注がれていて、

それが四方八方に出ていく姿が米。

だから、エネルギー(氣)は出そうとしているところに集まってくる。


「そうだ!」「出すぞ!」と決めたら、そこに氣が集まる。


「やるぞ!」と決めたら、そこに氣が集まってくる。


自分自身の意思により、この宇宙の氣は、その一点から通過し、集まって爆発する。 だからこそ、最初の「やる氣」がとっても大事なのだそう。


そして、「やる気」を起こすには、

"憧れ"、"好奇心"、"楽しい"、"好き" に行動していくこと。


後半は、惣士郎さんと大ちゃんが

最近ワクワクしたこと、子供心が動いたことをシェアする中で、

惣士郎さんや大ちゃんの「天との共同作業」が

どの様に働いているかを垣間見る内容となりました。



今回の動画を通じ、みなさん自身が意思で「氣を出し」、そして宇宙から「氣を集め」、

1日1日「元気」を積み上げていかれることを願っています^^


<質問>

最近、久しぶりに創作して作品を作る

時間を体験したのですが、

5時間周りが見えなくなるくらい

楽しく創作に没頭しました。

自分の中の世界観を形にした時に

生まれるエネルギーは、

とっても楽しく生き生きと輝いています。

銀河の湯の配信映像からでも、

お二人のエネルギーが出ていると思います。

人間のエネルギーの源は、

どこから来るのでしょうか?

そしてエネルギーとは、

何だと思いますか?



<番組内容>


・エネルギーに入る時間と空間


・描いたり、考えたり、形にしたいことを場所と重ねる


・エネルギーを出す方法


・その氣、元氣、やる氣、根氣


・その氣、元氣は体力同様に積み重ねが大事


・その氣、元氣さえも出ない場合はどうするのか?


・氣という漢字が天と米からできている意味


・氣合という男性エネルギー、愛、優しさ、慈しみという女性エネルギー


・物語は人の脳と心を動かす


・ストーリーを組み立てることは、インスピレーション、スピリチュアリティとリンクした周波数


・マップとビジョンとストーリー


・惣士郎さんと大ちゃんはエネルギー媒体、クリエーション媒体

映像はこちら



下のコメント欄に感想などをご投稿いただけると、惣士郎&大輔が喜びます^^


*お二人へのご質問はこちらから受付中です。


*コメント欄への投稿は、本ブログへの登録が必要になります。氏名&メールアドレスでの登録、もしくはfacebookアカウント登録などが可能です。登録無しでも閲覧は可能です!


30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示