top of page

第137回 満月 銀河の湯@福岡&俵山<2024年下半期 どんな意図を放つか>


第137回 満月 銀河の湯は

前回に引き続き

福岡と俵山より番組をお届けです。


今回の銀河の湯は

「2024年下半期、どんな意図を放つか」

について、掛け流す回となりました。




惣士郎さんの周囲は、

去年までが「種蒔き」

今年は「芽が出る」時期なのだそう。


双葉の形からも

「誰との間に作るのか」という

人間関係が鍵になるようです。



さらに来年、

2025年は面白い年になるけれど、


同時に「一体、この10年20年

何に込めてきたの?」という

真価が問われる年になる、と。



わーーー

ドキドキしますね。。。




その中でも響いた言葉が「相似形」


惣士郎さんの話

大ちゃんの話から

相似形を見出せるか。


「銀河の湯」掛け流されるときの

大事なポイントだなーと感じました。


今回の動画が

みなさんの「2024年下半期の意図を放つ」

ヒントになりますことを願っております。














<番組内容>


・「立つ」とき、大事したいこと


・キーパーソンリスト

  〜人間関係の見直しをする


・2024年の流れ、テーマ「かくしん」


・ポイントは「要」を抑えること


・俵山プロジェクトはどうなる?


・直感スピードが大事


・真価を生きる


・相似形という観点を持つ


・旅は「予言の書」


・大ちゃんからの下半期メッセージ


・陽気に、愉快に、仲間と楽しむ



映像はこちら



下のコメント欄に感想などをご投稿いただけると、惣士郎&大輔が喜びます^^


*お二人へのご質問はこちらから受付中です。


*コメント欄への投稿は、本ブログへの登録が必要になります。氏名&メールアドレスでの登録、もしくはfacebookアカウント登録などが可能です。登録無しでも閲覧は可能です!


閲覧数:5回0件のコメント

留言


bottom of page